Nooble

About Nooble Clix's Profile Popular Reports Twitter

steam


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サイドボタンにCherry青軸を採用したマウスが9月末に発売 

画像


 冷却系PCパーツで有名なThermalright社から誕生したゲーマーミングデバイスブランド「Leetgion」から、サイドボタンのスイッチに「Cherry社製MX青軸メカニカルスイッチ」を採用したゲーミングマウス「Hellion」が、2012年9月末に国内発売されるそうです。

 一般的なサイドボタンを搭載しているマウスのスイッチには「マイクロスイッチ」が採用されることが殆どで、メカニカルスイッチを採用するこのマウスはかなり珍しい仕様であると言えます。恐らくマイクロスイッチを搭載した方が製造コストを安く抑えることができるのでしょうが、キートップ部分にゲタを履かせてスイッチを押せるような構造のマウスが殆ど故に、マウスによって押し心地にかなり差異がありました。(Microsoft IntelliMouse Explorer 3.0とRazer DeathAdderのサイドボタンの押し心地の違いも恐らくそれによる影響です。)

 さて、今回このマウスに採用された「Cherry社製MX青軸メカニカルスイッチ」ですが、Cherry社製メカニカルスイッチの中でも「クリックタイプ」というスイッチに分類され、特徴的な「カチッ」というスイッチ的な打感を持っています。また、一般的にCherry社製MXメカニカルスイッチは上から2mm(ave)押し込んだ時点で認識するように設計されていますが、「Cherry社製MX青軸メカニカルスイッチ」は認識点直前まで押し下げると自然とスイッチが最下部まで押し下げられ入力を認識するという構造となっています。これらの点からこのスイッチをマウスに採用することには、クリックを認識しやすい、他のCherry社製メカニカルスイッチに比べて誤クリックを防止できるというメリットがあるのではないかと思います。

 個人的にこのマウスで気になることは何と言っても「使用感」。マイクロスイッチに比べてメカニカルスイッチはストロークが長いため使用してて指が疲れないか。また、マイクロスイッチと比べて誤クリックも発生率はどうなのか。これらの点が「使用感」に大きく関わってくるのではないかと思います。

 秋葉原などで展示デモが開始されたら触りに行ければと思います。

追記:2012/09/19より国内販売開始させるそうです。



情報元|4Gamer.net ― Thermalrightからゲーマー向け製品ブランド「Leetgion」が誕生。サイドボタンにCherry青軸を採用したマウス「Hellion」が9月末に国内発売
情報元|【PC Watch】 LEETGION、MX青軸をサイドボタンに採用したゲーミングマウス「HELLION」

参考サイト|チェリー キーボード MXキースイッチ(Cherry keyboard MX Keyswitch)
参考サイト|Cherry軸の特性について再考 | Jeroblo
[ 2012/08/30 12:29 ] Device | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Calendar
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。